無痛分娩ができない人やできなかった人とは?体験談を調査!

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク


078c1f05284a057394976db731de5428_s

こんにちは、ロータスです。

 

今日は無痛分娩について、

そもそも出来ない人や、

希望していたのに出来なかった人について

調べてみました。

 

私の妻も無痛分娩で出産したのですが、

出産前にあまり情報がなく困ったので

今日は実際に出来なかった方のパターンを紹介します。

 

では早速見てみましょう。

無痛分娩ができない人ってどんな人?

01a186fd411554b5900c22873c7664e7_s

無痛分娩を希望してできなかったのではなく、

元々出来ないっていうパターン

あるのでしょうか?

 

そうすると、

やはり一人目が帝王切開だった場合

二人目も帝王切開になることがほとんどなので、

無痛分娩をすることは難しいようです。

 

他にも無痛分娩が出来ない場合としては、

 

・赤ちゃんの元気がないと分かったとき

・お母さんの体力の消耗や脱水が激しい場合

・太り過ぎや腰骨が曲がっているなどの理由でカテーテルが挿入出来ない場合

・すでに子宮口が全開している場合

 

などなど。

 

こうしてみると、

出来ない条件も沢山あることが分かりますね。

 

では実際に出来なかった方の

実体験を見てみましょう。

できなかった人の体験談!

やはり無痛分娩を希望していたのに

結局普通分娩になってしまったと言う方は

結構います。

 

まず、この事実は覚えておいたほうがいいですね。

 

実際どんなパターンがあるか見てみましょう。

予定より早く陣痛が来てしまった

一番よくあるであろうパターンです。

 

上記の出来ない条件の中に

スポンサーリンク


子宮口が全開だった場合というのが

ありましたが、

そのパターンです。

 

計画分娩で事前に入院してない限り、

例えば病院まで30分以上かかる場所だと、

病院に着いた時にはすでに子宮口が

だいぶ開いてしまっている

なんてことになることもあるわけですね。

 

そして、もう出てきそうだからと、

麻酔を入れるタイミングを逃すことになります。

 

先生が1人しかいない

こういう方もいました。

 

無痛の麻酔を入れる先生が1人しかいない、

とか、

その先生が日曜日は休みだ、

とかの場合、

その先生がいない時に陣痛が来たら

麻酔を入れられません。

 

陣痛は曜日や時間を選んでくれませんから

計画で陣痛誘発剤を投与するわけですが、

それでギリギリまで痛みに耐えてたら、

気付いたら子宮内が開きすぎていた、

というパターン。

 

私の妻は至急口が4cmくらいで

麻酔を入れ始めました。

 

なので我慢し過ぎは注意です。

 

麻酔を入れるのが早すぎると

お産が長くなると言われてるので、

混んでる大学病院とかだと

結構ギリギリまで入れてくれないことも

あると思います。

 

実際に私の妻が順天堂医院でそうでした。

 

相当痛がってるのに入れてくれないので

無痛の意味が無い!

とすら思いました。

 

耐えれる痛みの限界は人それぞれ違いますし、

痛かったら、そこはお願いした方がいいと思います。

 

まとめ

どうしても確実に無痛分娩で

出産したいなら、

事前に入院する計画分娩をするのがいいと思います。

 

もちろんそれでも

赤ちゃんや母体の状態次第では

無痛が出来ないこともありますが、

より確実です。

 

出産前に前もって色々と悩んで、

出来ないことがあることも理解して

不安なく出産を向かえられるといいですね!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ママとベビー

プロフィール

lotas (1)

こんにちは、ロータスと申します!

このブログでは、
無痛分娩による入院費用や産後うつなど
順天堂医院での出産リアル体験記や、
出産後の育児で実際に使って便利だったモノなどもどんどんご紹介していこうと思います!

しかも旦那目線でw

是非、ごゆっくりしていってくださいね!

ウォーターサーバー”うるのん”がミルク作りに最適!?

img_1664

オルガの抱っこ紐が腰に優しいってホント!?

image

カテゴリー